福井県警福井南署=福井市江守中町

 福井県警福井南署、福井署、県警捜査1課は6月9日、別居中の夫を竹刀で殴り、刃物で刺したとして、殺人未遂の疑いで、自称福井市、無職下田志津子容疑者(71)を逮捕した。福井南署によると「殺すつもりだった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は8日午後7時ごろから同50分ごろまでの間、別居中の70代の夫が住む福井市内の住宅で、夫の背中や腕を竹刀で複数回殴り、果物ナイフ(刃体約13センチ)で左の腰付近を刺すなどして殺害しようとした疑い。

 福井南署によると、夫は命に別条はなく、1~2週間程度のけがを負った。

関連記事
あわせて読みたい