エビのチリソース(手前)とカルパッチョの盛り合わせ

 横浜の中華街で修業を積んだ小林賢太朗さん(34)が4月中旬オープンした。定番のエビのチリソース、マーボー豆腐、チンジャオロース、ホイコーロー…どれも本場仕込みの本格的な味わいだ。

 料理の幅を広げるため鮮魚を扱う仕事に従事したこともあり、経験を生かした一品が中華店では珍しいカルパッチョだ。タイ、サーモン、タコなどを中華風に味付けし、ワンタンの皮やクルミを加えて仕上げた。

 ランチで女性に人気の「HanaHinaコース」はカルパッチョのサラダ、ワンタンスープ、選べるメイン、点心2種、ライス、ドリンクにミニデザートが付いて1280円。

 夜は、お酒が進むような日替わりの「黒板メニュー」も取り入れた。「やりたいアイデアがいっぱい」というオーナーシェフがオープンキッチンで腕を振るう。

  ×  ×  ×

越前中華 花ひなたに咲く(福井県福井市和田東1丁目2220)

電話0776(89)1418。午前11時半~午後3時、午後5時半~同10時。不定休。

関連記事
あわせて読みたい