夜の天神川を飛び交うゲンジボタルの光跡=6月6日午後9時55分ごろ、福井県鯖江市河和田町

 梅雨入りが迫ったこの時期、自然豊かな福井県内の水辺などでホタルが舞い、美しい求愛の光に訪れた人はうっとりと見入っている。

 鯖江市河和田町の天神川では6月6日午後8時ごろ、たくさんのゲンジボタルが淡い幻想的な光跡を描きながら乱舞した。待ち構えていた写真愛好家らが夢中でシャッターを切っていた。

 地元でホタルの保護活動に取り組む「かわだの自然と文化の会」によると、今年は5月22日から飛び始め、現在ピークを迎えている。6月いっぱい見ることができるという。大門優会長(67)は「河和田は全国に誇れるホタル観賞の名所。安全に気をつけて楽しんで」と話している。

関連記事