サッカーW杯の優勝トロフィー

 【ロンドン共同】スポーツデータの分析、提供を行う米グレースノート社が7日までにサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の予測を発表し、ブラジルを優勝確率21%で最有力とした。スペインが10%で2番手に入り、前回覇者のドイツ、アルゼンチン、フランスと続いた。

 1次リーグ突破の確率もはじき出し、H組はコロンビアが77%、ポーランドが50%、セネガルが45%で、日本は29%で最も低かった。決勝トーナメントに進む16チームは、10チームが欧州、5チームが南米と展望した。

 前評判以上に躍進しそうなサプライズ候補にはペルーとコロンビアの2チームを挙げた。

関連記事