公明党の井上義久幹事長は8日の記者会見で、加計学園の獣医学部新設を巡る問題に関し「当事者が何らかの形で説明責任を果たすことが、国民の理解を得る意味で必要ではないか」と指摘した。加計孝太郎理事長による記者会見開催を念頭に置いた発言とみられる。

 加計氏の会見は、自民党内でも石破茂元幹事長、田村憲久政調会長代理らが必要性に言及している。

 井上氏は、野党が要求する加計氏の国会への証人喚問については「直ちに国会に呼ぶのは質的に違う」と述べ、否定的な見解を示した。

 森友学園問題で野党が求める佐川宣寿前国税庁長官の再度の証人喚問にも消極的な考えを表明した。

関連記事
あわせて読みたい