福井しあわせ元気大会開会式に出演する「仮面女子」の猪狩ともかさん

 10月13日に開幕する福井しあわせ元気大会(全国障害者スポーツ大会)の開会式に、アイドルグループ「仮面女子」メンバーで事故により車いす生活を送る猪狩ともかさん(26)が出演することが6月6日、明らかになった。再びステージで踊るためリハビリを続ける猪狩さんは、障害者アスリートらと同じように、目標に向かう姿が「希望の光になれば」との思いを込め、開会式のステージから力強いエールを送る。

 福井県が同日発表した。仮面女子は2017年4月から鯖江市の「めがねのまちさばえ大使」を務めている。猪狩さんは事故後のブログで「これからも福井に貢献したい」とコメントするなど前向きな姿勢を示しており、県が5月下旬に出演を依頼していた。

 猪狩さんは開会式式典前の歓迎県民イベントに登場し、選手や観客らに激励のメッセージを伝える。出演決定を受け「好きな福井県で行われるイベントに参加できることを心からうれしく思います」とコメントした。体調により出演を取りやめる場合もある。

 今年4月、強風で倒れた案内板の下敷きになり脊髄を損傷、現在も入院中の猪狩さん。ブログでは「神様は越えられない試練は与えないはず。どんなことがあっても、向日葵(ひまわり)のように上を向いて、毎日を丁寧に大切に生きていきたい」とつづり、前向きな姿がファンらの共感を得ている。

関連記事