山口茜

 日本バドミントン協会は6月6日、8月のアジア大会(インドネシア)に出場する日本代表男女20人を内定し、女子シングルスでは世界ランキング2位の山口茜(福井・勝山高出身、再春館製薬所)が選ばれた。

 2014年の韓国・仁川(インチョン)大会に続いての出場。山口は前回、女子シングルス2回戦で敗れ8強入りはならなかった。団体では出場はなかったが、日本女子は銅メダルを獲得した。

 このほか男子は桃田賢斗(NTT東日本)ら10人、女子は昨年の世界選手権女王の奥原希望(日本ユニシス)、リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華・松友美佐紀組(同)ら10人が名を連ねた。

 団体戦(2複3単)と個人戦がある。

関連記事