池内昭彦氏

 福井放送(本社福井県福井市大和田2丁目)は6月4日開いた取締役会で、宮腰義博社長が取締役相談役に退き、後任社長に池内昭彦専務が昇格する役員人事を内定した。白崎明信専務は副社長に就く。いずれも27日開催の株主総会、取締役会で正式に決まる。

 また2018年3月期決算を4日、発表した。売上高は前期比3・0%増の65億4758万6千円、営業利益は同18・8%減の5億4716万1千円、経常利益は同12・8%減の6億6709万3千円、純利益は同14・6%減の4億6411万2千円。創立65周年記念の大型事業などにより事業収入が増え、増収となった。利益面はFM補完放送設備などの減価償却費が増加し、減益だった。

関連記事