第138回北信越地区高校野球大会第3日は6月4日、石川県立野球場で準決勝2試合を実施。第1試合は星稜(石川1位)が粘る高岡商業(富山1位)を振り切り、決勝に進出した。

星稜
203 100 004…10
000 100 400…5
高岡商業

■星稜 竹谷理央、寺沢孝多、山口来聖、奥川恭伸―山瀬慎之助
■高岡商業 大島嵩輝、井上ビリィ、山田龍聖、安藤佑隼―筏秀生

 星稜は初回、東海林航介の二塁打と四球で1死一、二塁とすると、南保良太郎が左中間へ適時二塁打。頼れる4番打者の一振りで2点を先制した。三回には2四球と敵失で1死満塁のチャンスを迎えると、押し出しで1点を加え、さらに鯰田啓介が右翼線へ適時打を放ち2点を追加。四回にも南保の適時三塁打で1点を奪った。1点差に詰め寄られた九回には2死から内山壮真の二塁打や鯰田啓介の三塁打などで4点を奪い、粘る高岡商業を突き放した。

⇒北信越高校野球トーナメント表はコチラ

 高岡商業は四回に堀裕貴の二塁打、井林泰雅の適時打で反撃開始。5点差で迎えた七回には、疲れの見えた星稜先発の竹谷理央を攻め、山田龍聖、森田朝陽の連打などで1点を奪った。さらにリリーフに入った寺沢孝多から中村昂央がショート強襲の適時打を放ち2点を追加。筏秀生の内野安打で満塁とし、押し出しによる追加点で1点差としたが、星稜の3番手投手山口来聖に抑え込まれた。

 準決勝第2試合は佐久長聖(長野1位)―日本文理(新潟1位)で、勝者は6月5日午前10時から石川県立野球場で行われる決勝戦で星稜と対戦する。

関連記事
あわせて読みたい