’09経大FC―サウルコス福井 前半22分、チーム4点目となるゴールを決めて、アシストしたFW金村賢志郎(左)と喜ぶFW松尾篤=経大フィールド(サウルコス福井提供)

 サッカー北信越リーグ1部は6月3日、各地で第4節4試合を行った。福井県勢はサウルコス福井が’09経大FC(新潟)に6―0で快勝し開幕4連勝。得失点差で2位に浮上した。坂井フェニックスは富山新庄クに2―2で引き分け、通算2勝2分けとなり4位をキープ。

 サウルコスは前半8分、FW松尾篤のパスからFW金村賢志郎が先制点。16分、FKからFW山田雄太のパスを松尾が決める。さらに金村、松尾と交互に得点を挙げ、ともにハットトリックを達成した。

 坂井は前半1分、CKから失点。34分にMF小西将人が決めて同点とする。後半25分、PKで勝ち越されたが、44分、途中出場のFW小林走が味方シュートのこぼれ球に反応し、同点に持ち込んだ。

 次節は17日、サウルコスと坂井が敦賀市運動公園陸上競技場で直接対決する。

関連記事