障害者がモデルを務めた「心のバリアフリー・ファッションショー」=1日午後、埼玉県越谷市

 障害や病気の有無にかかわらず誰もが活躍できる社会の実現を訴えようと、障害者がモデルを務める「心のバリアフリー・ファッションショー」が1日、埼玉県越谷市の商業施設で開かれた。

 前半は資生堂トップヘアメイクアップアーティストの原田忠さん(46)によるヘアメークショー。後半のファッションショーでは、車いすや義手の女性モデルら6人が観客の見つめる中、華やかな衣装に身を包み笑顔でランウエーを進んだ。

 主催した非営利団体「バリアフリー・フィルム・パートナーズ」は、プロの役者と障害者を一緒に起用した映画の製作を計画中で、今回のショーをその一場面とすることも考えている。

関連記事
あわせて読みたい