厳しい表情で会見に臨む東村新一市長=6月1日、福井県福井市役所

 市職員労組との交渉が続いている全常勤職員を対象にした給与削減については、労使合意が前提との考えをにじませた上で、条例案の6月市会提案を目指す考えを示した。

 中核市移行については、国の交付税で運営費を賄えるため財政悪化は影響しないとして、「(当初の予定通り)来年4月1日の移行を目指したい」と改めて表明した。

関連記事