県大会5試合でチーム打率3割7分1厘。準決勝まで3試合連続でコールド勝ちを収め、春のセンバツ8強入りの力を見せつけた。

 長打力がある上田、小板をはじめ、打率5割の2番的場、4割6分2厘の8番井岡らが強力打線を支える。エースの杉本は県大会では登板ないが、甲子園で見せた粘りの投球が期待される。身長、体重ともにメンバー1の1年生投手、嘉手苅もベンチ入りした。

 センバツ8強同士の直接対決となった県大会決勝では、昨秋の北信越大会で打ち崩した星稜・奥川に完封負けを喫した。選手たちは「バッティングを一から見直し、質を上げないといけない」と練習に励んでおり、さらに鍛え上げた「打ち勝つ野球」で北信越の強豪に挑む。

部長石川 明夫
監督中村  隆
投 杉本 壮志 3 171 70 左左
捕 井岡 啓吾 3 178 75 右右
一 小板慎之助 3 180 90 右左
二 山岡 広紀 3 171 66 右右
三 安東 凌太 2 173 70 右左
遊 井川 隼吾 3 169 67 右右
左 上田 優弥 3 186 101 左左
中 的場 拓真 3 175 83 右左
右 原田 竜聖 3 180 74 右右
補 重吉  翼 2 183 77 右左
  稲垣佑伊斗 3 168 65 右右
  夏川 風眞 2 179 87 右右
  八木澤 輝 2 172 60 右左
  星場 皐聖 3 173 65 右左
 ◎小坂 敏輝 3 172 76 左左
  中村 亮太 2 185 68 右右
  東尾 紘汰 3 169 71 右左
  嘉手苅浩太 1 189 111 右右

関連記事