大型サインボードが完成し、ビデオメッセージを送る桐生祥秀選手=5月27日、福井県福井市の福井県営陸上競技場

 国体強化選手を代表して陸上成年女子ハードル種目の野村有香選手が「国体では桐生選手に負けないくらい、結果で福井中を盛り上げたい」と決意を述べた。県によると式典には約1200人が参加した。

 同競技場は福井しあわせ元気国体・福井しあわせ元気大会(全国障害者スポーツ大会=障スポ)で開・閉会式と陸上競技の会場となる。ボードのほか、観覧席入口近くの外壁2カ所がオレンジ色に塗られ「9・98」のロゴが配された。

 桐生選手との記念写真を同競技場の半径500メートル以内で撮影できるスマートフォンアプリが、ボード横に掲げたQRコードでダウンロードできる。

関連記事