福井―巨人3軍 9回福井1死満塁、澤端侑が中犠飛を放ち2―2の同点とする=福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは5月26日、福井県福井市の福井フェニックススタジアムで巨人3軍と戦い、2-2で引き分けた。通算14勝8敗1分けで順位は西地区2位のまま。次戦は27日正午から、福井県越前市の丹南総合公園野球場で巨人3軍と戦う。

福井
000 000 002…2
100 100 000…2
巨人

 【評】福井は九回に2点を奪い、引き分けに持ち込んだ。

 0―2の九回、清田亮一、荒道好貴の連続四球と石井建斗の一塁内野安打で無死満塁とし、木下裕揮が押し出し四球を選び1点。1死後に澤端侑が中犠飛を放ち、追いついた。

 先発浜田俊之は一回、先頭打者の二塁打を足がかりに先制点を奪われた。しかし二回以降は粘り強く投げ、6回2失点と試合をつくった。七、八回は日下部啓太、岩本輝が無得点に抑えた。同点とした直後の九回はイム・テフンが2死一、三塁としたが、最後は三ゴロに打ち取った。

関連記事