西城秀樹さんの葬儀・告別式で弔辞を読む野口五郎さん=26日午前、東京都港区の青山葬儀所(代表撮影)

 西城秀樹さんの葬儀・告別式で涙を拭う野口五郎さん。右は郷ひろみさん=26日午前、東京都港区の青山葬儀所(代表撮影)

 情熱的な歌と派手なパフォーマンスで歌謡曲の黄金期を築き、16日に63歳で死去した歌手の西城秀樹さんの葬儀・告別式が26日、東京都港区の青山葬儀所で開かれた。共に「新御三家」と呼ばれた野口五郎さん、郷ひろみさんが弔辞を読み、参列した芸能関係者やファンらが故人をしのんだ。主催者によると計1万人以上が参列したという。

 会場正面には、生前の西城さんを中心に新御三家の3人が笑顔で並ぶ大きな写真パネルを設置。ファンが会場の外まで長い列をつくった。

 弔辞で野口さんは「おまえのラブソングを天国できわめてくれ」と述べ、郷さんは「安らかに眠ってください」と遺影に語り掛けた。

関連記事