APEC貿易相会合の共同記者会見=26日、ポートモレスビー(共同)

 【ポートモレスビー共同】南太平洋の島国パプアニューギニアの首都ポートモレスビーで開催されているアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合は26日、2日間の協議を終え閉幕した。

 通商分野の懸案である保護貿易主義の台頭については、強い反対を共同声明で打ち出すことはできなかった。一国主義の傾向を強めるトランプ米政権への配慮から異議を唱えた国があったとみられる。このため参加国が合意できた内容を「貿易相会合声明」として採択。保護主義への対抗については「議長声明」に明記した。

関連記事