イノシシが学校敷地内に侵入した場所=5月25日、福井県福井市三郎丸1丁目

 5月25日午前9時15分ごろ、福井県福井市西藤島小近くに体長約40センチのイノシシが現れた。同校敷地内に侵入した後、西の方へ走り去っていった。児童らにけが人はなかった。

 同校などによると、イノシシは学校北側にある高さ約1メートルの植え込みを跳び越えて侵入、正面玄関付近をうろついたとみられる。いったん見えなくなり、最後は南側のグラウンド近くから西へ走り去るのが目撃された。福井署員らが学校周辺を捜索したが見つからなかった。

 同校は通称明里橋通り西側の住宅街の中にあり、市は防災無線で住民に注意を呼び掛けた。

 同校には午前9時半ごろ、福井署から連絡が入った。運動会の練習のため全児童がグラウンドへ出るところだったが、教室に引き返させ通常の授業に変更。屋外での体育の授業を取りやめたり、下校時間を繰り上げて集団下校させたりした。

 高村政道教頭は「児童に被害がなくて良かった」と話していた。

関連記事
あわせて読みたい