24日午後8時25分ごろ、滋賀県の東海道新幹線米原駅付近で信号が表示されないトラブルがあり、JR東海によると、上り線は京都―米原間で10本、下り線は岐阜羽島―米原間で6本が線路上で一時、立ち往生した。信号設備を点検し、午後11時すぎに運転を再開した。

 同社によると、ポイントが切り替わったかを検知する装置が故障し、連動する信号が表示されなかった。

 JR西日本によると、この影響で山陽新幹線も上下線で遅れが出た。

関連記事
あわせて読みたい