第138回北信越地区高校野球大会(2018年6月2~5日・石川県)の組み合わせ

 第138回北信越地区高校野球大会(6月2~5日・石川県)の組み合わせ抽選は5月24日石川県内で行われ、出場12チームの組み合わせが決定した。

 福井県代表で春季県大会を制した坂井は3日の準々決勝から登場。日本文理(新潟1位)―金沢学院(石川3位)の勝者と戦う。準優勝の福井商業は2日の1回戦で関根学園(新潟2位)と対戦する。

→坂井が終盤猛攻、福井商業下し優勝

 大会は石川県立野球場と金沢市民野球場で行われ、開催県の石川県から4チーム、福井、富山、新潟、長野の4県からは2チームずつが出場しトーナメントで優勝を争う。開会式は2日午前9時から石川県立野球場で行われる。

 北信越大会への出場は坂井が2014年の学校統合後2季連続4度目、福井商業は3季ぶり60度目となる。

関連記事