【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は23日、下院外交委員会の公聴会で、今月平壌で金正恩朝鮮労働党委員長と会談した際、金氏が世界からの体制保証を求めたと明らかにした。非核化に伴い米国など外国からの経済支援を得られることが北朝鮮にとって重要だとの考えも示したという。

 ポンペオ氏は公聴会で、朝鮮半島の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化に向けて北朝鮮が意味のある行動を取るまで、米国の圧力政策に変更はないとも強調した。

関連記事