新橋で敦賀市の観光PRを行う福井県敦賀市の角鹿中生徒=5月17日、東京都港区

中学生が考えた敦賀観光ツアーの手書きチラシ

配ったティッシュの中には敦賀市の名物や観光地の紹介

 男性はコーヒーを買った帰り道にも別の女子中学生から敦賀のPRや質問を受け、またも熱心さに感心したという。アンケートで敦賀市のみどころ一覧を見せられ「何に関心がありますか」との質問には、「ソースカツ丼」と答えた。「何があったら敦賀に行きたいと思いますか」との質問には、「東京にないものがいいと思う」と思わずアドバイスした。男性は「若い人についついアドバイスしたくなるおじさんに成長したんだ」と実感した。

 男性を驚かせたのは、中学生の積極性だけではなかった。配っていたティッシュには敦賀をPRする手書きイラスト入り。とてもかわいらしかった。「敦賀の旨いもんマップはこちら!」のQRコードまで付いていた。

 さらにもう一つ「陣取る場所の秀逸さ」。巨大広告会社、マスコミ、総合電子メーカーなど国内有数のビジネスタウン汐留に向かうサラリーマン、外国人観光客、お台場などに向かうサラリーマンではない日本人、この3種を全部捕まえるにはもってこいの場所だ。もし、調べてあの場所を陣取ったとしたらなかなかの調査力。なんとなくあそこに陣取ったとしたら、「それはそれで(野生の感というか)大したもの」

 男性はこの感動を誰かと共有したくなったのだろう。福井新聞社へメールが届いた。中学生たちへの感動と感謝の気持ちを込めて。

関連記事