ヤクルト戦に先発した阪神・メッセンジャー=倉敷

 阪神が快勝。三回に失策に乗じて先制し、なおもロサリオと糸井の連続本塁打でこの回5点を奪った。その後も着実に加点した。メッセンジャーは粘り強く投げて6回3失点でリーグトップの7勝目。ヤクルトは拙守が響き、4連敗。

関連記事
あわせて読みたい