アウトドアの知識を生かした防災術を広めているあんどうりすさん

 ―先ほどあった、マニュアルの弊害については。

 ある小学校で緊急地震速報が出たとき、校庭にいた児童が校舎に戻って机の下に戻ろうとしたことがあったそうだ。外の安全な所にいたのに。マニュアルに頼りすぎていると、子どもだけでなく大人も「えっ」ということをしてしまう。だからこそ「仕組み」を理解してほしい。

 ―著書や講演の話を、どんどん広めてと訴えている。

 自分だけが知っていても、被害に遭ったときに助けてもらえない。人に伝えることでつながりもできる。災害時はやはり人と人のつながりが大事。講演を聴いてくれた人が、地域でどんどん広めてくれたらうれしい。

関連記事