完成した天皇、皇后両陛下の肖像画(宮内庁提供)

 宮内庁は21日、天皇、皇后両陛下の肖像画が完成したと発表した。皇室では近代以降、歴代天皇、皇后の肖像画が描かれてきたが、両陛下の即位後のものがなく、宮内庁が両陛下の許可を得て制作した。

 作画を担当したのは、広島市立大名誉教授で画家の野田弘志さん。完成した絵は2メートル四方のほぼ等身大で、2014年に撮影した写真をもとに描かれ、今年3月に宮内庁に届けられた。

 明治以降の歴代天皇、皇后の肖像画は計31点あるが、両陛下のものは皇太子ご夫妻当時の1974年に、それぞれ描かれた1組があるだけだった。

 現時点で一般に公開される予定はない。

関連記事
あわせて読みたい