入札会に出品する純米大吟醸原酒「無二」が氷温で貯蔵される黒龍酒造の製品庫=福井県永平寺町

 黒龍酒造(本社福井県永平寺町松岡春日1丁目、水野直人社長)は、複数年にわたり氷温で貯蔵し熟成させた最高級純米大吟醸の原酒を「無二」と命名し、秋から販売を始める。同社商品を取り扱う特約店に販売する際、業界で初という入札方式を採用する。有識者による試飲も行い、年度ごとの出来栄えを価格に適正に反映させる。ビンテージものにふさわしい価格帯を設定し、日本酒の価値向上につなげる。

 同社によると、日本酒市場では720ミリリットル瓶で10万円を超える商品も出回っているが、顧客には「なぜ、その金額なのか」との疑問が根強くある。海外でも評価される日本酒の価値をさらに高めるためにも、その問いに応える必要性があったという。

 そこで顧客に近い特約店に味を確認してもらい、入札で卸価格を決める手法が適切と判断した。6月14日に特約店の約60人を招き、東京・西麻布のレストランで入札会を開く。2012~15年の醸造年度ごとに計1500本(720ミリリットル)の無二が出品され、著名なソムリエや料理人ら4人の品質評価委員による各年度の酒質の講評を聞く。続いて特約店の関係者が利き酒をし、入札に移る。

関連記事