サウルコス福井―FC北陸 前半20分、サウルコスの金村賢志郎(左)が先制のシュートを決める=5月20日、福井県坂井市のテクノポート福井スタジアム

 サッカー北信越リーグ1部は5月20日、各地で第3節4試合が行われ、福井県勢はサウルコス福井がFC北陸(石川)を1―0で下し開幕3連勝を飾ったが、得失点差で3位に後退した。坂井フェニックスは上田ジェンシャン(長野)に5―1で快勝し2勝目を挙げて4位をキープした。

 サウルコスは前半20分、MF山城純也のロングパスを受けたFW松尾篤がドリブルで持ち込んで折り返したパスをFW金村賢志郎が落ち着いて先制ゴール。決勝点になった。

 坂井はサイド攻撃を展開し大量5得点。前半9分にFW坂井優介が決めると、FW棗佑喜、MF小西将人のシュートで3―0。後半はFW小林走、DF中嶋峻也が得点した。

 次節は6月3日、サウルコスは’09経大FC(新潟)と新潟県の経大フィールドで、坂井は富山新庄クと富山県の日医工スポーツアカデミーグラウンドで対戦する。

関連記事