福井-富山 5回、勝ち越しを許し、肩を落とす福井先発の浜田俊之(中央)=福井県営球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは5月19日、福井県福井市の福井県営球場で富山GRNサンダーバーズと戦い、2-3で敗れた。通算14勝5敗で、西地区首位は保っている。次戦は20日午後1時から、同球場で再び富山と対戦する。

富山
000 110 010…3
100 000 010…2
福井

 【評】福井は緊迫した投手戦を落とした。打線は9安打を放ちながら2得点。力投する浜田俊之を援護できなかった。

 一回、松本友の中前打と失策、四球で1死満塁とし、西和哉の左犠飛で先制した。だが二~七回は毎回のように走者を出しながら無得点が続いた。2点を追う八回に2死一、三塁から木下裕揮の右前打で1点を返すも、反撃はここまで。あと一本が出なかった。

 先発浜田は1―1の五回、2死から連打で勝ち越し点を献上。八回はけん制悪送球から失点し、要所で踏ん張れなかった。

関連記事
あわせて読みたい