【論説】記憶が曖昧な人の説明を「よし」とし、記録した側の話には耳を傾けない―そんな姿勢こそが国民不信を招いている。

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、「首相案件」などと発言した柳瀬唯夫元首相秘書官の参考人招致に関し、安倍晋三首相は衆参の予算委員会集中審議で学園側との3回の面会を報告しなかったなどとする柳瀬氏の説明を「全然問題ない」と述べた。さらには「事業選定のプロセスに一点の曇りもない」と従来の主張を繰り返した。

 だが、発言を記録した愛媛県側は、多くの点で食い違いを指摘している。中村時広知事は「真実を語っていない」と批判し、職員に代わって国会招致に応じる構えだ。なのに政府、与党は招致を拒んでいる。県職員は当時、内閣府地方創生推進室次長だった藤原豊氏にも会い、面談記録を作成している。話を聞くべき関係者は多い。即刻、国会招致すべきだ。

 柳瀬氏は参考人質疑で▽2015年4月2日を含め学園関係者と計3回面会したが、報告や指示など首相の関与はなかった▽4月2日の面会では元東京大教授(現岡山理大獣医学部長)から主に話を聞いた。愛媛県や今治市の職員は同席したか定かではなく、「首相案件」といった自らの発言などを記した愛媛県文書には違和感があったり、覚えがなかったりする▽理事長が首相の友人であることは知っていたが、学園を特別扱いしたことはない―などと説明した。

 これに対して、中村知事は▽4月2日の面会に元東大教授はいなかった。県職員はメインテーブルにいた▽「首相案件」などは、ありのままの言葉を書いている▽首相と加計孝太郎理事長の会食での下村博文文部科学相(当時)に関するやりとりは、学園からの発言としてあった―などと主張。「極論で言えば『うそ』は発言した人にとどまらず、他人を巻き込んでいく」と厳しく批判し、職員が保管していた柳瀬氏の名刺も公開した。

 これだけの違いがあるのに、首相は「柳瀬氏は一つ一つ記憶を呼び起こして誠実に答えた」と評価。政府、与党も幕引きを急ごうとしているが、共同通信社の世論調査では柳瀬氏の説明に75%が「納得できない」と答え、「首相の友人を厚遇した」との国民疑念は深まる一方だ。学園の新設計画を知ったのは17年1月20日との首相答弁にも疑問はくすぶり続けている。

 集中審議では15年8月に藤原氏が今治市を視察した際に学園の車を利用していたことが明らかになった。藤原氏は、柳瀬氏が秘書官を退任した後も、国家戦略特区を担当。自身は否定したが、内閣府が文科省に早期対応を迫る際に「官邸の最高レベルが言っている」と述べたとされている。県文書に4月2日の面会で「国家戦略特区の手法を使って突破口を開きたい」などと助言したとある。

 加計氏の国会招致を含め、政府、与党は解明に真摯(しんし)に向き合うべきだ。

関連記事
あわせて読みたい