サウルコス福井-坂井フェニックス 後半16分、サウルコスの蔵田岬平(左)がFKを決め先制する=福井県坂井市の丸岡スポーツランド

 サッカーの第98回天皇杯全日本選手権の福井県代表を決める県選手権(福井新聞社共催)は5月13日、福井県坂井市の丸岡スポーツランドで決勝が行われ、サウルコス福井が坂井フェニックスを2―0で下し、7年連続10度目の優勝を飾った。

 サウルコスは後半16分、MF蔵田岬平がFKを直接ゴールに突き刺し先制。試合終了間際にFW石塚功志が2点目を挙げて坂井の反撃を許さなかった。

 天皇杯全日本選手権は26日に開幕。サウルコスは同日の1回戦に登場し、愛知県代表の中京大と坂井市のテクノポート福井スタジアムで対戦する。

関連記事
あわせて読みたい