「あわらに明るい話題を」と人前結婚式を行った夫婦=5月12日、福井県あわら市のあわら温泉湯のまち広場

 「あわらを、温泉街を盛り上げたい」と地元の夫婦が5月12日、福井県あわら市のあわら温泉湯のまち広場で人前結婚式を挙げた。同日に広場で予定されていたイベントは5日の老舗旅館「べにや」火災の影響で中止となり、「明るい話題を地元から」と夫婦が熱い思いで式を挙行。多くの住民や観光客らが新しい門出を祝福した。

 式を挙げたのは、2月に入籍した同市の前田健吾さん(28)、志津香さん(27)夫婦。あわら温泉美松の長男で、あわらで育った健吾さんが「地元あわらの明るい話題作りになれば」と企画した。

 同広場で人前結婚式が行われたのは初めて。晴天のもと、「芦湯」前に特設ステージが設けられ、和装した2人が登場。指輪交換や誓いの言葉を朗読し、永遠の愛を誓った。

 新郎の姉、稲葉悠希さん(31)は5年前、同広場で結婚式を企画していたが雨で中止となった。「晴れたのは2人の人徳かな。これから多くの人がこの場所で式を挙げてくれたらうれしい」と2人の姿を見つめていた。

 健吾さんは「昨年の火災など、あわらでは暗い話題が続いているが、こんなときこそ地元あわらを明るくしたい」と話していた。

関連記事