石川―福井 2回福井2死二、三塁、松本友の中前打で生還した三走木下裕揮(中央)=5月11日、石川県の金沢市民野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは5月11日、石川県の金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと戦い、12―3で勝利した。通算12勝3敗とし、西地区首位を維持した。次戦は12日午後6時半から、福井県福井市の福井フェニックススタジアムで石川と対戦する。

福井
061 001 202…12
100 010 100…3
石川

 【評】福井は10安打で12点。効率よく得点を重ね、快勝した。

 0―1の二回、西和哉の三塁打などで2死一、三塁とし、須藤優太の中前打で同点。さらに松本友、片山雄哉、清田亮一が適時打を放ち、計6点を挙げた。8―2の七回は清田の適時三塁打などで2点を追加。九回にも、敵失と須藤の中前適時打で2点を奪い、着実にリードを広げた。

 先発園田彪は六回途中2失点で2勝目をマーク。再三得点圏に走者を背負ったが、粘り強く投げた。2番手以降も1失点で踏ん張った。

関連記事
あわせて読みたい