北川さんのチヌ魚拓

【越前海岸】チヌは松島、安島、三国突堤、菅生、鮎川などで40~50センチが3~6匹。鷹巣の砂浜では35~48センチを2桁釣り上げた人もいる。スズキは三里浜で30~40センチ、50~70センチが1~5匹。玉川でグレ、ウマヅラハギ、カサゴ。

 

【福井新港】第2排水口、パイプラインなどで10~15センチの小アジ。夕刻~夜にはワーム、ミノーなどのルアー使ったアジングで20~25センチも釣れ、30センチ級が交じることも。チヌは4月末から北防を中心にまずまずの釣果。北川翔吾さん(勝山市)は52センチのナイスサイズをゲットしている=魚拓。イワシも上向き。

 

【嶺南】チヌは坂尻、白木、竹波、黒崎、立石、音海、若狭大島などでまずまず。キスは小浜湾内のボート釣り、コウイカは小浜新港で良好。アジは若狭大島、若狭本郷、音海の筏(いかだ)で30センチ前後が釣れている。朝が狙い目。

 

【河川】シーズン終盤に入りつつある九頭竜川のサクラマスは、田んぼの濁り水が入ったものの、福井大橋上流左岸、高屋橋下流右岸、福井大橋下の中州、えち鉄橋下流左岸などで釣れた。足羽川、日野川でも釣果。スズキは九頭竜川河口で狙える。

 

【沖合】フカセ釣りが解禁となった鷹巣沖で良型のマダイが順調。三国沖、茱崎沖でも続々揚がっている。

 

越前海岸
チヌ、スズキ
福井新港
チヌ、アジ
嶺南
グレ
キス
河川
サクラマス
関連記事