送検される細田浩朗容疑者=5月10日午後1時半ごろ、福井県警福井署

 福井県福井市内のガソリンスタンドで女性従業員が男に脅され、現金約340万円を奪われた事件で県警福井署は5月10日、強盗容疑で逮捕した福井市生まれの住所不詳、自称設備業細田浩朗容疑者(34)を送検した。

 送検容疑は4日午前6時ごろ、同市大宮2丁目のガソリンスタンド「カナショク幾久店」2階事務所で、50代の女性従業員に包丁のようなものを突きつけ、金庫内に保管してあった現金約340万円を奪った疑い。

 同署などによると、防犯カメラなどの映像に不審な動きをする白いRV車が映っており、細田容疑者が浮上。9日午前6時50分ごろに福井市内のホテルから出てきたところで身柄を確保した。「今は何も話したくありません」と認否を留保している。

 同署などは犯行に至る経緯や動機など全容解明に向け捜査を進めている。

 細田容疑者と中学の同級生だった男性は「不良グループの一人だった印象」と話した。中学時代を知る別の男性は「強盗をするほどの度胸があるとは思わなかった」と驚いた様子だった。

関連記事
あわせて読みたい