福井県警本部=福井市大手3丁目

 福井県福井市内のガソリンスタンドで女性従業員が男に包丁のようなものを突きつけられ、金庫内の現金約340万円を奪われた強盗事件で、県警福井署と県警捜査1課、機動捜査隊は5月9日、強盗の疑いで福井市生まれの住所不詳、自称設備業の細田浩朗容疑者(34)を逮捕した。同署によると「今は何も話したくありません」と認否を留保している。

 ⇒【画像】逃走に使ったとみられる車

 逮捕容疑は4日午前6時ごろ、同市大宮2丁目のガソリンスタンド「カナショク幾久店」で50代の女性従業員に包丁のようなものを突きつけ、金庫内に保管してあった現金約340万円を奪った疑い。

 福井署などは5、6日の早朝、事件発生と同時間帯に現場付近で検問を行うなど、容疑者の絞り込みにつながる情報がないか捜査。周辺店舗などに設置されている防犯カメラの映像解析や聞き込みなども行い、逃走した男の行方を追っていた。

 現場は幾久公園の東隣。約130メートル南には幾久交番がある。

関連記事
あわせて読みたい