加古里子さんが監修しただるまちゃん広場で遊ぶ子どもたち。後方に壁画「越前山歌」を望む=2017年8月、福井県越前市高瀬2丁目

 5月2日に92歳で亡くなった福井県越前市出身の絵本作家、加古里子さんが武生(現越前市)で暮らした時期は7歳までと短かったが、古里に対する愛情は周囲が驚くほど深かった。近年は越前市のまちづくりにも協力を惜しまず、昨年8月には加古さん監修の「だるまちゃん広場」が武生中央公園にオープン。連日多くの子どもたちが絵本の世界観の中で、遊びながら加古さんが願った「生きる力」を育んでいる。

 「ふるさとはどこかとたずねられたら、もちろん、武生だと答えます」

 自叙伝的作品「未来のだるまちゃんへ」(文藝春秋)に古里への思いをつづった。2011年の越前市文化功労者表彰時に市から提案を受け開館した「かこさとしふるさと絵本館」のコンセプトを屋外に広げる形で、「だるまちゃん広場」の監修に力を注いだ。

 市の広場計画案に対し、加古さんが返した手書きの書面には自然科学の知識を生かしたアドバイスがびっしり。広場を見渡す市文化センターの壁には、加古さんが描き下ろした原画を基にした壁画「越前山歌(さんか)」(縦5メートル、横34メートル)が掲げられ、日野山、村国山に向かって歩くおなじみのキャラクターが子どもたちを見守っている。

 絵本館の谷出千代子館長(73)は15年に加古さん宅を訪れた際、武生の学びやや日野川での思い出を「懐かしいなあ」と目を細めていたことが忘れられない。「子どもたちが自ら考え、発見し、行動に移す大切さを絵本に託した先生の足跡を、越前市や福井県、日本、世界の子どもに伝えたい」と力を込めた。

 0歳の長女と7日に同館を訪れた近くの女性(35)は「温かみのある加古さんの絵本が子どものころから好きで、新作が出るのが楽しみだった。高齢だけどお元気と聞いていたのに」と驚いた様子だった。
 

関連記事
あわせて読みたい