第1次大戦末期、ドイツ潜水艦に撃沈された日本郵船の貨客船「平野丸」(日本郵船歴史博物館提供・共同)

 第1次大戦末期の1918年、英西部ウェールズ沖でドイツ潜水艦に撃沈され、210人が死亡した日本郵船の貨客船「平野丸」の犠牲者を悼む慰霊碑がウェールズ南部で地元住民により再建され、沈没からちょうど100年となる10月4日に除幕式が行われる。遺体は手厚く葬られたが、木の墓標が朽ち果てたため、地元住民が同じ場所に再建を計画した。

 日本ではほとんど知られていない史実で、住民が慰霊のため動き始めたことに、日本郵船は「洋上で遭難した場合、形見の品が遺族に戻ることすらまれだ。感謝している」と話し、慰霊碑再建が両国の交流促進につながることを期待している。

関連記事