福井-信濃 好投した福井先発の廉都=福井県敦賀市の総合運動公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは5月6日、福井県敦賀市の総合運動公園野球場で信濃グランセローズと戦い、5-3で勝利した。リーグ一番乗りで10勝に到達。西地区首位を走り、2位信濃とのゲーム差を3に広げた。次戦は8日午後1時から、坂井市の三国運動公園野球場で滋賀ユナイテッドBCと対戦する。

信濃
003 000 000...3
040 100 00×...5
福井

 【評】福井は先発廉都が7回3失点の力投。打線も序盤から援護し、2連勝を飾った。

 二回、荒道好貴の左前打などで無死一、三塁とし、西和哉の右翼線三塁打で先制。さらに木下裕揮の左前打、澤端侑の内野ゴロで計4点を挙げた。1点差に詰められたが、四回に清田亮一の右犠飛で貴重な追加点を奪った。

 先発の廉都は三回、3長短打を浴び3失点。それでも四~七回は無失点でしのぎ反撃を封じた。八、九回は岩本輝、イム・テフンが走者を出しながらも得点を許さず、逃げ切った。
 

関連記事