【越山若水】ゴールデンウイーク(GW)も今日まで。明日の月曜は、いつにもまして元気が出ないかもしれない。暦通りの人なら、4連休明けの出勤や通学。手ごわいブルーマンデーになりそう▼日曜夕から憂鬱(ゆううつ)になるのでサザエさん症候群ともいわれ、類例は世界中にあるらしい。地球上で多くの人が同じ気分と戦っていると思うと、少し救われる▼原因は休みとの落差。あえて早起き、軽い運動で生活リズムを整える、寝だめは逆効果―ネット上には対処法があふれる。嫌だと感じるのは「むしろ正常」と、頑張りすぎに注意する記事も▼3カ月前の2月6日、本紙1面に雪の中で行われた入試の写真が出ている。大雪はこの辺りから始まった。振り返ると、当時月曜がつらかった記憶がない▼何しろ曜日に関係なく大変だったから、落差を感じようがなかった。GW中は県内も多くの車であふれたが、物流が停止した2月の恐怖を思えば、混雑する光景も今までとやや違って見える▼ブルーマンデーは実際に病気の発症率が高いとされ、決して侮れない。でも月曜がつらいのは日常が戻っている証しといえるのかも▼さて、なかなか正常な状態になってくれないのが、不祥事のあおりで事実上“お休み”続きの国会。与野党対立による混乱こそが日常となっている観すらある。こんな休みを見ていると、憂鬱が増すばかりである。

関連記事
あわせて読みたい