ガソリンスタンド内を調べる捜査員=5月4日午前7時45分ごろ、福井県福井市大宮2丁目

 5月4日午前6時ごろ、福井県福井市大宮2丁目のガソリンスタンド「カナショク幾久店」2階事務所で、50代の女性従業員が男に包丁のようなものを突きつけられ、金庫にあった現金約340万円を奪われた。女性従業員にけがはなかった。男は逃走、県警福井署が強盗事件として行方を追っている。

 ⇒【画像】強盗被害に遭ったガソリンスタンド

 同署によると、男は身長170センチくらい。緑色のジャンパー、白色とみられるズボンと白い靴、マスクを着用し、白いタオルを頭に巻いていた。同店の営業時間は午前7時~翌日午前0時で、女性従業員が2階事務所で1人で開店準備をしていたところ、男が室内の階段を上って侵入。包丁のようなものを突きつけて「金を出せ」と脅したため、従業員は抵抗できず、据え置き型の金庫内に保管してあった現金を手渡した。犯人が逃走した後、自ら110番通報した。

 同店などによると、現場の室内や1階に設置してある防犯カメラの映像には男が映っていた。1階入り口の自動ドアは施錠しておらず、手動で開けられる状態だった。

 金庫はダイヤル式と鍵穴式の二重で施錠するタイプ。女性従業員が紙幣や硬貨を取り出して手渡したところ、男は近くにあった布の袋に入れて持ち去った。非常時に警備会社に通報するため、同店の従業員は送信機を常備しているが、女性は当時身に付けていなかったという。

 現場は通称フェニックス通り沿いで、幾久公園の東隣。約130メートル南には幾久交番がある。

関連記事
あわせて読みたい