4回に5失点と乱れた福井の先発園田彪(右)と捕手中村辰哉=福井県越前市の丹南総合公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは5月4日、福井県越前市の丹南総合公園野球場で東地区の群馬ダイヤモンドペガサスと戦い、3-7で敗れた。連勝は4でストップしたが西地区首位を保った。次戦は5日午後6時半から、福井市の福井フェニックススタジアムで滋賀ユナイテッドBCと対戦する。

群馬
200 500 000…7
201 000 000…3
福井

 【評】福井は先発園田彪が4回7失点と乱れた。打線も中盤以降、無得点が続き5連勝を逃した。

 園田は初回、安打と2四球で満塁にし右犠飛で先制点を献上。さらにボークで1点を失った。打線が1点を勝ち越したが四回、三塁荒道好貴の失策で追いつかれると、暴投や適時打などで計5失点。試合をつくれなかった。

 打線は一回、清田亮一の2ランで同点。三回、松本友の内野安打などで1死三塁とし、荒道の左犠飛で勝ち越した。しかし四回以降は好機を生かせず、力投する藤原静也、塚田貴之を援護できなかった。

関連記事