勝山市市民栄誉賞の贈呈式後、大勢の報道陣の取材を受けるバドミントンの山口茜=5月1日、福井県勝山市役所

 ―今後の目標は

 世界1位になったので、そこ(ランキング)にはこだわらずに目の前の試合を大事にしていきたい。

 ―今年ある福井国体やアジア大会、2020年の東京五輪について

 国体は地元で試合ができる数少ない機会。勝つところはもちろん、まずは元気にプレーしている姿を見てもらえるように精いっぱいやりたい。

 前回のアジア大会はいい結果を残せなかった。出場が決まれば、前回を超えたい。東京五輪については今はまだ考えていない。でも2年もあればまだまだ成長できる。より強くなっていきたい。

 × × × 

 世界バドミントン連盟(BWF)は5月3日、4月29日に終了したアジア選手権の結果を反映した最新の世界ランキングを発表した。19日に女子シングルス1位についた山口茜は、同選手権で優勝した戴資頴(タイツーイン)(台湾)に逆転され2位となった。

勝山市
日本の美しい自然が残るまち
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 県立恐竜博物館、白山平泉寺▽味覚 羽二重くる…
バドミントン
1チーム3人の団体戦。ダブルス・シングルス・シングルスの順に行い、先に2勝した…
バドミントン
関連記事