第140回北信越地区高校野球福井県大会準決勝・福井商業―啓新 接戦の末に啓新を退け喜ぶ福井商業ナイン=5月3日、福井県営球場

 第140回北信越地区高校野球福井県大会は5月3日、福井県営球場(福井市)で準決勝を実施。第1試合は福井商業が2―1で啓新を下し、決勝に進出。2016年秋季以来、3季ぶりに北信越大会の出場権を獲得した。

福井商業
100 100 000…2
000 000 001…1
啓新

■福井商業 加藤実里―北川雄樹
■啓新 上ノ山倫太朗―中川琳太

⇒トーナメント表はこちら

 福井商業は一回、1死二塁から水町和葵が中前に返し先制。四回には2死満塁から谷頭晴斗が適時内野安打を放ち、貴重な追加点を奪った。

 先発したエース左腕加藤実里が8安打1失点で完投。何度も得点圏に走者を進められたが要所を締め、どうにか逃げ切った。

 啓新は2点を追う九回裏、2死一、二塁から松村望の左前適時打で1点を返したが、反撃が遅すぎた。四回に2死二、三塁、七回に2死満塁の好機を迎えるも、得点できなかった。

 先発したエース上ノ山倫太朗は9回2失点と粘ったが、逆転勝ちを呼び込むことはできなかった。

関連記事