第140回北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・福井工大福井―丹生 六回表、右翼に2点本塁打を放ち、ホームを踏む福井工大福井の津野一樹=4月30日、福井県福井市の福井県営球場

 第140回北信越地区高校野球福井県大会は4月30日、福井県内2会場で準々決勝を実施。福井県営球場第2試合は、投打に地力を発揮した福井工大福井が丹生を7ー0(七回コールド)で退け、準決勝進出を決めた。

丹生
000 000 0…0
002 302 x…7
福井工大福井

■丹生 木原捷太、玉村昇悟ー倉谷勇人
■福井工大福井 武盛智樹ー竹橋尚輝

▽本塁打 津野一樹(福井工大福井)

 福井工大福井は三回、2死二塁から植田毅、河野樹の連続適時打が出て2点を先取。四回には猪奥理希が1死二塁から右翼線に適時三塁打を放つなど、3点を追加し、5ー0とした。六回は三塁に走者を置き、主将の津野が右翼に2点本塁打を放ち、試合を決めた。

 先発した福井工大福井の武盛は丹生打線を4安打無得点に抑える好投を見せた。

 丹生は二回、米澤剣魁の二塁打などで二死一、二塁の好機をつくったが生かせず。五回も三塁まで走者を進めたが、あと1本が出なかった。

関連記事