第140回北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・福井商業-北陸 五回裏、適時打を放った福井商業の堀尾栄輔=4月30日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第140回北信越地区高校野球福井県大会は4月30日、福井県内2会場で準々決勝を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は福井商業が第4シードの北陸を6-1で下し、準決勝進出を決めた。

北陸
000 000 010…1
103 020 00x…6
福井商業

■北陸 若泉柊斗、橋本哲兵、番場瑠斗-杉本来稀、杼木誠太朗
■福井商業 加藤実里-北川雄樹

 福井商業は一回、小川晃弘、水町和葵のヒットなどで1死二、三塁のチャンスを作り、内野ゴロの間に1点を先制した。三回には2死一、三塁から4番打者の北川雄樹が右前へ鋭い打球を運び1者生還。続く荒木光も右前打を放ち満塁とすると、堀尾栄輔が一塁へ高いバウンドの打球を放った。ボールをファンブルした一塁手が一塁ベースにタッチしたが、ヘッドスライディングした堀尾が一瞬早くセーフに。もつれる間に2者が生還し、北陸を突き放した。堀尾は五回にも2者をかえす適時打を放ち、勝負強さを見せた。

 先発した加藤実里は変化球を効果的に使い安定したピッチングを披露。凡打の山を築き、9回を1失点にまとめた。8回に初めて連打を許したが、動じることなく最少失点で切り抜けた。

 北陸の先発若泉柊斗は初回に失策がらみで1点を失ったものの、二回を三者凡退に抑えて立て直したかに思われたが、打者が一巡した三回に打ちこまれた。打線は八回に3本の長短打を集め1点を返したが、反撃が遅すぎた。

関連記事