男子110メートル障害決勝 追い風参考記録の13秒52で優勝した金井大旺=エディオンスタジアム広島

 ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の織田記念国際最終日は4月29日、広島市のエディオンスタジアム広島で行われ、男子110メートル障害は金井大旺(福井県スポーツ協会)が13秒52(追い風参考)で優勝した。

 金井は決勝で追い風参考記録の13秒52をマーク。「自己ベストを0・01秒縮めたが公認記録にならなかったのが残念」と喜びも控えめだった。

 北海道出身の22歳。昨年の日本学生対校選手権で優勝、愛媛国体は準優勝した実力者。今春、法大を卒業し同協会の選手兼特別強化コーチになった。

 福井国体での活躍が期待される。今シーズン2レース目で走りはまずまずという。「次は日本選手権で優勝しアジア大会に出場する」と力を込めた。

陸上競技
競技場のトラックで実施されるトラック競技、跳躍(走幅跳など)や投擲(ハンマー投…
陸上競技
関連記事