第140回北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・坂井―敦賀気比 二回表、先制のホームを踏む坂井の矢原士宇杜=4月30日、福井県福井市の福井県営球場

 第140回北信越地区高校野球福井県大会は4月30日、福井県内2会場で準々決勝を実施。福井県営球場第1試合は、着実に得点を重ねた坂井が敦賀気比を7―4で下し、準決勝進出を決めた。

坂井
011 110 102…7
000 001 201…4
敦賀気比

■坂井 嶋田勘人―石川雅晴
■敦賀気比 黒田悠斗、上間洸太、木下元秀―中野樹

 坂井は二回、相手のワイルドピッチで1点を先制。三回は石川雅晴の右中間を破る適時二塁打で1点、四回は小林寛弥の内野安打で1点を追加するなど、五回までに4-0とリード。5-3の九回には1死二、三塁から田辺秀太の2点適時打でリードを広げた。

 投げては先発嶋田勘人が11安打を浴びたが大量点を許さず、投げきった。

 敦賀気比は六回2死一、二塁から高橋丞の中前適時打で1点を挙げ、七回には岩本大輔、黒田響生の連続適時打で2点を奪い反撃。九回にも阪口竜暉の適時打が出たが、及ばなかった。

関連記事