ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは4月29日、滋賀県の守山市民球場で滋賀ユナイテッドBCと戦い、25―4で勝利した。リーグ最多タイの25安打、球団最多の25得点と打線が爆発した。通算6勝1敗とし西地区首位をキープ。次戦は30日、同球場で再び滋賀と対戦する。

福井
005 000 695…25
000 000 301…4
滋賀

 【評】福井は25安打25得点の大暴れ。大勝で2連勝を飾った。

 0―0の三回、西和哉の適時三塁打で先制。さらに片山雄哉の適時打などで計5点を奪った。中盤はホームが遠かったが、終盤に再び打線が猛攻。七回は清田亮一、石井建斗の連続適時打などで6点、八回には打者14人で9点を追加。九回も5安打5得点と、打線が止まらなかった。

 先発の廉都は7回3失点。六回までゼロを並べ攻撃へのリズムをつくった。八回からは藤原静也、塚田貴之の両左腕が危なげない投球で締めた。

関連記事