第140回北信越地区高校野球福井県大会の見どころ

 第140回北信越地区高校野球福井県大会第6日は4月30日、福井県営球場(福井市)と敦賀市総合運動公園野球場で準々決勝4試合が行われる。

 敦賀市総合の第1試合は第1シード金津と啓新が対戦。金津は初戦の2回戦、福井高専を七回コールドで退け、昨秋の県大会覇者の風格を見せつけた。磨きをかけた打線で啓新を迎え撃つ。

 啓新は2試合で15得点と攻撃力を発揮。エース上ノ山倫太朗が投打で存在感を見せている。

 両校は昨秋の県大会準々決勝で対戦。金津が7―6で競り勝ち、初の北信越切符を得るとともに、初優勝への勢いをつけた。啓新は雪辱を果たしたい。

 県営球場の第1試合は第3シード福井工大福井と丹生が対戦。福井工大福井は2回戦、山崎晃輝、武盛智樹の継投リレーで美方を零封。派手さはないが、地力を発揮し快勝した。

 丹生は2回戦で科学技術に延長十回サヨナラ勝ち。勝負強さを見せて2季連続の8強入りを果たした。木原捷太、玉村昇悟の2投手の好投が光った。

 両校は昨春の県大会2回戦で対戦し、福井工大福井が24―0と圧勝。丹生は苦手意識を払拭して臨みたい。

■第6日の日程

▽福井県営球場
敦賀気比―坂井(午前10時)
福井工大福井―丹生(午後0時半)

▽敦賀市総合運動公園野球場
金津―啓新(午前10時)
福井商業―北陸(午後0時半)

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、北信越地区高校野球福井県大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。⇒申し込みはこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。熱戦の写真は写真ニュースサイト「Web写真館」で試合当日に公開する。

関連記事
あわせて読みたい