第140回北信越地区高校野球福井県大会2回戦・科学技術ー丹生 延長戦の末に科学技術を下し、笑顔の丹生ナイン=4月29日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第140回北信越地区高校野球福井県大会は4月29日、福井県内2会場で2回戦を行った。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は丹生が延長十回の末、科学技術に1―0でサヨナラ勝ちし準々決勝に進んだ。丹生は昨秋に続く8強進出。

科学技術
000 000 000 0 …0
000 000 000 1x…1
丹生

■科学技術 衣川孝治、渡部陽、井手翼―岡部大空
■丹生 木原捷太、玉昇悟村―倉谷勇人

 丹生は0―0で迎えた延長十回裏、伊部祐作、川口駿介の連打などで2死二、三塁の好機をつくると、最後は来田宗純が一塁線を破る適時打を放ち、サヨナラ勝ちを収めた。

 先発した右腕木原捷太が6回を3安打無失点と好投。代わった玉村昇悟も科学技術の攻撃を封じた。

 科学技術は先発衣川孝治が5回を2安打無失点と安定感を見せた。継投して延長戦に持ち込んだが、力尽きた。攻撃陣は6安打を放ったが、打線のつながりを欠き、三塁を踏むことができなかった。

関連記事